コーチングとは?

コーチングとは?

コーチングは、人が自分に合った「答え」を見つけ、人生に「豊かさ」と「変化」をもたらすような選択を繰り返すことによって自らの道を歩むことができるように効果的にサポートするための手法です。

その重要性は、欧米の経営者の多くがコーチをつけていることからも察せられます。ゼネラル・エレクトリックのジャック・ウェルチ氏、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏、グーグルのエリック・シュミット氏など著名な経営者もコーチングを受けていました。

日本でもビジネス分野を中心にコーチングを受ける人が増えています。

コーチングのもともとの語源は馬車を意味する「coach」です。人が移動するための手段であり、それが転じて人が望むことを実現するための関わり方をコーチングと呼ぶようになりました。

コーチングはどんな役に立つのか?

人は誰しも自分の思考や行動、在り方の特性を持っています。一人で考え、判断しているだけでは気づかないうちに自分が設定した枠の中に納まっています。

コーチングでは、コーチ(コーチングをする人)がクライアント(コーチングを受ける人)のために、安心安全で勇気づけられる場を創ります。そうした場で、コーチはクライアントの話を傾聴し、クライアントが本当に大切にしていること、望んでいること聴き耳を立て、クライアントが思う以上にクライアントの可能性を信じで関わります。

そうしたコーチの関わりが、クライアントの視野や思考の幅を広げ、一人では納まってしまいがちな枠を超えた行動を引き出してくれます。

コーチングでは、現状と目標の乖離を埋める方法論を考えたり、To Doリストを作ったりするだけにはとどまりません。

コーチングではクライアントとコーチの対話を通じて、クライアントが持っている価値観、個性、あるいは固定概念などを明らかにし、それらを踏まえた上でどうするかを見つけていきます。

そうした過程を経てやると決めたことは、勇気が求められる挑戦、一人で考えているだけでは躊躇してしまうようなことかもしれません。でも、クライアントはそれに対して自発的なやる気を持っています。それは、やらされることではなく、やりたいことになっています。

ただ、実際に行動してみると必ずしも上手くいくわけではなく、失敗することも多々あります。結局やらないこともあります。それでも、そこから何かしらの気づき、学びが得ていけば、それがその後のクライアントの役に立つものになります。

こうしたコーチとの対話とクライアント自身の行動を通じて、気づき、学びを得て、クライアントは心から望むことを実現するために成長していきます。

コーチングは短期的な目標達成や課題解決にとどまらず、クライアントの自己実現へと向かっていきます。

コーチングではどんなことをするのか?

コーチングでは、クライアントとコーチが対等な立場で対話を行います。

その対話の中で、クライアントがコーチングのテーマについて話し、コーチが傾聴します。ときにコーチは質問をしたり、クライアントの様子を反映して伝えたり、クライアントの人となりを認知したりします。

ときには身体感覚にも意識を向けて、クライアントが様々な感覚を用いて自分自身の状態を自覚するように促すこともあります。

プロフェッショナルなコーチとのこうしたやり取りが繰り返されることで、クライアントは気づき、学びを得て、自分の中の答えを見つけ、勇気づけられ、そして行動に移します。

これを繰り返すことで、クライアントは身の回りや自分の内面に変化を起こし、自己実現や自分が心から望むことの実現に向かって進んでいきます。