コーチングによる経営理念の作り方

「社長、御社の経営理念はどのようなものですか?」

身内の従業員だけでなく、入社希望者、金融機関の職員、社長仲間、営業に来た人、コンサルタントまで、今では誰もが当たり前のように経営理念を聞きたがります。

聞く方は簡単だが、聞かれる方はたまらない。「明確なものはありません」と答えたら、「えっ、無いんですか!?」とまるで責められるかのような反応のときもある。

会社が根幹をなす大事な経営理念だけに、なかなか簡単には決められない。ビシッと決まる理念を作れるほどの文才、表現力を求められても困る、という人もいる。

かといって従業員に任せたら、キレイにまとめはするものの芯が通っているのかどうかイマイチな感じもある。でも一生懸命考えて作ったことは伝わってくるので、むげに却下するわけにもいかず。結局、保留にするか、形式的に理念を掲げることもよくある話。

最終決定を下す経営者の大変さはなかなか理解されないものです。

今回はそんな経営理念作成の悩みに直面している経営者に、コーチングを受けることがどのようにお役に立つかをお伝えします。

1.経営理念とは?

広辞苑によると、経営理念とは「企業経営における基本的な価値観・精神・信念あるいは行動基準を表明したもの」とあります。

以前に「心に響き、役に立つ経営理念の作り方」という記事でも詳しく述べましたが、最近の経営理念の傾向をみると、使命・存在意義(Misson/ミッション)、目指す姿・目標(Vision/ビジョン)、信念・価値観(Value/バリュー)、行動指針・行動規範(Way/ウェイ)といった要素が盛り込まれています。

使命・存在意義(Misson/ミッション)とは、自社が何のためにあるのかということ。目指す姿・目標(Vision/ビジョン)は、自社が何を目指すかということ。信念・価値観(Value/バリュー)は大切なこと、判断の基準になること。そして、行動指針・行動規範(Way/ウェイ)は、どのように行動していくかということ。

企業理念、基本理念、社是、社訓、クレドなどと言葉は変わったとしても、企業経営における基本的な考え方や企業の在り方を示したものです。

2.経営理念は役に立つか?

一般的には経営理念が重要というが、本当に重要なのか?役に立つのか?疑問に思う方もいらっしゃいます。そういう方には自信を持ってお答えします。間違いなく重要です。何かしらお考えがあって経営理念を作らない経営者もいらっしゃるでしょうから、そのお考えは尊重し、私の考えを押しつけることはいたしませんが、私は重要であり、役に立つと考えています。

では、どう役に立つのか?その代表的な例をご紹介します。

(1)経営者自身のモチベーションの源泉になる。

まず、経営者ご自身にとって役に立ちます。経営をしているとすべて順調なわけではありません。ときには失敗したり、苦しい状況に陥ったりします。そんなとき、経営理念は経営者ご自身のモチベーションを回復させてくれ、また前に進もうという気持ちを呼び起こしてくれます。

ただし、重要なことはキレイな経営理念ではなく、経営者ご自身が心から信じている経営理念を作っておくことです。

個人にとって座右の銘がこうした役割を果たすように、経営者や会社にとっては経営理念がこうした役割を果たします。

(2)リーダーが一貫性のある判断を下す基準となる。

経営理念は、経営上の重要な判断や日々の業務の中での判断の基準となります。

経営理念は、自社の使命は何か、自社はどこを目指しているのか、自社の大切にしている価値観は何か、自社はどう行動すべきかなどを示しています。

判断を要する局面でいくつかの選択肢があるとき、どれを選べば経営理念に合致するのかを考えれば、自ずと答えが導かれます。

それは経営者ご自身だけでなく、現場のリーダーにとっても同じです。つまりトップから現場まで一貫した判断のもとに事業を進めることになります。

経営理念が浸透していれば、こうしたことは意識的な判断だけでなく、些細なことへの判断、無意識的な判断にも一貫性を生みます。そして、一貫性のある判断は、会社の大きな力となります。

(3)会社の社風を創り出し、組織・従業員が同じ方向を向く。

繰り返しになりますが、経営理念は自社の使命は何か、自社はどこを目指しているのか、自社の大切にしている価値観は何か、自社はどう行動すべきかなどを示しています。

価値観やどう行動すべきかを複数の人が共有すると、そこに社風が生れます。会社の文化・雰囲気を作ります。社風や文化・雰囲気などが形成されると、その中での考え方や行動を後押します。それは、一人ひとりの創造性や積極性、主体性、協調性、自律性などを左右します。そして、個人の結果、会社の業績にも強い影響を及ぼします。

また、会社の使命や目指していることが共有されていれば、従業員は徐々にその方向を向いて働いてくれるようになります。

こうしたことが有れば、会社・組織としての力は大きくなります。経営者ご自身に代わって、経営理念が従業員を育ててくれます。

(4)ブランドを創り出し、お客様や人材を呼び寄せてくれる。

「ブランド」とは、そのもの特徴や価値、他との違いを示してくれるもの。経営理念は社風を創り、その会社の一員である経営者や従業員の在り方を決めます。

これらは、その会社のブランドを作り、社外に伝わります。そして「あの会社の従業員はみんな誠実だよね」、「あの会社は信頼できるよね」、「あの会社のファンなんです」といった口コミ・評判を呼び起こします。

これらは、この会社の商品・サービスを利用したいというお客様や、この会社で働きたいという人材を呼び寄せてくれるでしょう。

追いかけるまでもなく、お客様や人材から来てくださるのは、とてもありがたいことです。

(5)経営理念が明確になり、それが共有されることで、実現しやすくなる。

物事は明確になると、何をしたらいいのかが分かりやすくなります。そこに自然に意識が向きやすくなります。そして、実現しやすくなります。

経営理念も同じです。頭の中に何となくあるよりも、それを明確にした方が実現しやすくなります。経営者だけが思い浮かべているのではなく、従業員と共有することで、実現しやすくなります。

そこには、どれだけその経営理念を信じているか、浸透しているか、理解しているかも重要です。

いずれにしろ、経営理念を明確にし、共有した方が、それが実現されやすくなることは間違いありません。

3.経営理念の作成を邪魔する見方

さて、経営者の中には経営理念を作りたいと思ってはいるものの、なかなか形にならない、ある程度まとまっているがそれを自社の経営理念としていいものかどうか検討されている方もいらっしゃるでしょう。

そうした状況は、経営者が経営理念に対して持っているモノの見方によって生まれていることが多くあります。ここでは、経営理念の作成を妨げる見方をいくつか紹介しましょう。

もしご自身も同じような見方をしていたら、それとは別の見方を試してみてはいかがでしょうか。

(1)簡単に変えてはいけない

「経営理念は会社の根本的な考え方だから、一度決めたら簡単に変えるべきものではない。」と考える誠実な経営者はたくさんいます。

そう考えるとどうなりますか?思わず身体が固くなり、経営理念を決めることは目の前に大きな壁を乗り越えるようなものだったり、清水の舞台から飛び降りるような一世一代の大勝負に思えてきたりしませんか。

これも一つの経営理念に対する見方です。一度作ったらそれで変えられないのではなく、経営理念として従業員と共有し、しばらくはスーツを仕立て直すように実情に合わせて修正を繰り返してみてはいかがでしょうか。

(2)経営理念はこうあるべき

「経営理念とは、使命、目標、価値観、行動指針から成り立っていなければいけない」、「重みのある言葉を使わなければならない」、「格式高くあらねばならない」など、せっかく作るのだから理想的な経営理念を作ろうと考える経営者もいます。

そして、経営理念とはどういうものかを調べてみると、いろいろな人がいろいろなことを言っています。それらを全て考慮して作ろうとするとなかなか進みません。

いろいろな人が言っていることは、経営理念に対する一つの見方でしかありません。大切なのは、経営者自身が何のために経営理念を作ろうとしているかです。一般的に言われているような経営理念とは違っていても、経営者の狙いや期待する効果が得られれば、その方がいいのです。

(3)オリジナルでならなくてはならない

経営理念に自社らしさを出そうとして苦労している経営者も多くいます。「経営理念はオリジナルでなくてはならない」という見方をしているのかもしれません。

経営は学校の勉強とは違うので、他社の良いところは積極的にまねをして、自社に取り込んでみてはいかがでしょうか。

「ブランド」を考えると、他社とは違う、自社独自の経営理念を掲げたいと思われるかもしれません。ご安心ください。経営者の想い、ご経験、対象としているお客様、業務内容などから違いを出せるところはいくらでも出てきます。経営理念の一部を変えるだけで、自社らしいブランドを創り出す経営理念になります。

そして、他社がどのような経営理念を掲げているかを知りたい方は、コチラの記事をご覧ください。

>> 大切にされる会社の経営理念の一覧

人を大切にする経営学会主催「日本で一番大切にしたい会社」大賞( http://taisetu-taisyo.jimdo.com/ )で受賞された企業の経営理念をまとめました。

こうした企業の経営理念のいいところを積極的に取り入れて、経営理念を創り上げてはいかがでしょうか。

(補足)
もちろん、ここで挙げた見方が役に立つか立たないかは人によって異なりますし、これらの見方をしてはいけないということではありません。そして、これら以外にもたくさんの見方があります。

大切なことは、経営理念がなかなか作れないときに、何かしら作成を妨げている見方があるのかどうかに気づくこと。もしそれが不要な見方であれば他の見方を試してみることです。何事にもいろいろな見方がありますし、その中には経営者にとって力が湧き上がってくるような見方もあります。いろいろな見方をお試しください。

4.経営者の想いを引き出すコーチング

では、実際に経営理念をどうやって作っていくのかに話を移しましょう。まず大切なのは、経営者の想いを引き出していくことです。特に中小企業では、経営者と会社は一心同体と言えることも多いので、ここは非常に大切ですね。

・経営理念を作ることで何を期待しているのか?
・何を自社の使命としたいのか?
・どこを目指しているのか?
・何を大切にしながら、会社を経営していきたいのか?
・どんな会社にしたいのか?

これらを、時間をかけて丁寧に明らかにしていきます。創業や経営者に至る経緯、ご経験、これまでの苦労や喜び、経営者として望んでいることなども経営理念を作っていく上で大切なヒントを与えてくれます。

ここでコーアクティブ・コーチング®がとても役に立ちます。コーチングなので決まったやり方はなく、その場で質問する内容も変わるかもしれません。それでもコーチとともに話すことは、経営者自身が自分の想いに気づき、整理するのにとても有効です。安心安全な場で、好奇心を持って、じっくり聴いてもらえれば、自分だけで考えているときよりも深く、大切なものが見つかります。

経営理念の作成を進めようとしても進まないときには、経営者向けのコーチングはどのような見方に拘っているのか、どのような制限の中で考えているのかに気づき、それらを解決する機会になります。なんとなく納得いかないときにも、それが何なのかを明らかにできます。

また、経営者の心に響くようなキーワードを見つけ、本当に目指している会社の姿を明らかにするのにも役に立ちます。

そして、コーアクティブ・コーチング®は経営理念の作成にとどまらず、経営者ご自身が自己実現をしていく機会になります。一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

5.組織の文化を明らかにするコーチング

明文化されていないが尊重すべき文化が形作られていたり、一人ひとりが自然と持っている仕事上の価値観があったりする場合は、その組織に根付いていること、大切にされていることを明らかにしていくことも経営理念を作る上で役立ちます。

特に長い歴史を持つ会社、世代交代などの変化の過程にある会社、組合のような共同体的な組織、NPO・NGOなどの非営利団体に役立ちます。

オススメなのが、システム・コーチング®という集団の中の関係性を扱うコーチングです。組織は、単に一人ひとりの従業員が集まったものではなく、まるで組織自体が一つの生き物のように従業員一人ひとりの考えの総和を超えた文化を持ちます。これらを明らかにしていくことは経営理念を作っていく上でとても役に立ちます。

システム・コーチング®では、そうした組織に内在することを明らかにし、経営理念を作るために役立つだけでなく、理念に沿った組織に変えていくためにも役立ちます。こちらも一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

6.まとめ

経営理念は、経営者のモチベーションの源泉、一貫性のある判断の基準、会社の社風を創り出すもの、組織が向かう方向を指し示すもの、ブランドの基点でありお客様や人材を呼び集めてくれるものなど、会社にとって様々な役に立ちます。

一般的には使命・存在意義、ビジョン、価値観、行動指針などが経営理念に盛り込まれます。自社にとって大切なことは何のために経営理念を作るのかです。それを明らかにすれば、自ずと経営理念にどのようなことを盛り込むかも見えてきます。

実際に経営理念を作っていく上では、経営者の想い、組織の文化などを明らかにしていくことが求められます。作成段階で思いもよらぬ壁が立ちはだかることもあります。知らず知らずのうちに、ある見方から抜け出せなくなっていることもあります。そうしたときに、これまで明らかでなかったものを明らかにする、目の前の壁を打ち破る、ある見方から抜け出してチカラを与えてくれる見方に切り替えることなどにコーチングは役に立ちます。

そして、経営理念の作成、組織への浸透、日常のなかでの活用等を通じて、経営者の自己実現、組織の変革をしていく際にも、コーチングは強力なツールであり、コーチは経営者や組織の良きパートナーになります。一度お試しされてはいかがでしょうか。

経営理念から始まり、会社がご発展されていくことを心から楽しみにしています。

関連記事

心に響き、役に立つ経営理念の作り方
経営理念を浸透させていく5つのポイントと7つの仕組み
大切にされる会社の経営理念の一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です