経営理念の内容

経営理念の内容

経営理念の内容
 
 
経営理念にどのような要素を盛り込むかは各社それぞれであり、そこに善し悪しはありませんが、一般的には以下のような要素で構成されることがあります。

なお、言葉が持つ意味合いも各社それぞれですので、自社の状況下でわかりやすい、伝わりやすい言葉を用いるのがいいでしょう。

(1) 使命・存在意義(Misson/ミッション)

自社が何者か、何を成し遂げるのか、何のために存在するのかを表します。

(2) あるべき姿・目標(Vision/ビジョン)

自社が使命を果たしたり、存在意義を体現したり、事業を続けたりしていくことで実現を目指す、自社や社会の姿を表したものです。

(3) 信念・価値観(Value/バリュー)

自社の使命・存在意義を体現していったり、あるべき姿・目標を目指していったりするにあたって、大切なこと、固く信じて疑わないこと、考え方や判断、行動の基礎となるものです。

(4) 行動指針・行動規範(Way/ウェイ)

自社の使命・存在意義を体現していったり、あるべき姿・目標を目指していったりするにあたって、信念・価値観に基づいてどのような行動をとっていくかを表したものです。
信念・価値観のように内面的なものではなく、外面に現れる行動を表しているので社内外の人にとって目に見えやすく、実感しやすいものでしょう。