【田原真人】魂の脱植民地化/自己組織化の実験 ~ クエストの物語 No.1(中編)

自然の摂理に則り、生命の躍動を感じながら学びを創り、個人・場・世の中に変容を起こしている田原真人さんへのインタビューの中編です。

前編では、田原真人さんの教育に対する考え方、ファシリテーターとしての在り方などを紹介してきました。

この中編では、田原真人さんがここに到るまでの経緯、ご自身のライフワークやご自身の変容の物語を紹介します。

田原真人さんの写真
田原 真人(たはら まさと)
自己組織化ファシリテーター
オンライン教育プロデューサー

「反転授業の研究」代表
http://flipped-class.net/wp/
物理ネット予備校「フィズヨビ」代表
http://phys-yobiko.com/

公式ブログ :
http://masatotahara.com/

早稲田大学理工学研究科博士課程で生命現象の自己組織化について研究後、河合塾の物理講師になり、2005年に物理ネット予備校(フィズヨビ)を立ち上げる。反転授業との出会いをきっかけに、ピラミッド型の社会システムや教育システムに疑問を抱くようになる。自らの学び場を自分で創るために「反転授業の研究」を立ち上げる。そこで対話を通した自己組織化と出会ったことで、学生時代に学んだことを再び生かし始め、オンラインコミュニティに「いのち」を宿らせることに調進し始める。集合知→価値創造→価値提供の循環が生まれ、4000人を超える活性化したコミュニティになる。その体験を分かち合うために自己組織化ファシリテーターとしての活動を始める。インターネットで相互に繋がり、生命的になりつつある世界において、インターネットの繋がりを生かした生命的な生き方を追求するために「Zoom革命」を始める。著書『Zoomオンライン革命』を近日発売予定。国際ファシリテーターズ協会日本チャプター理事。

点と点が線になる

【小泉】ここに到るまでに自分に影響を与えたことは?

【田原真人】今の活動にすごく大きなきっかけになっているのが、ワールド・カフェとの出会いでした。

反転授業の研究をやっていましたが、グループで学ぶと何でいいのかがわからなかったんですよね。

まず自分がグループで学んだことがないし、そういう教育を受けてきていなかったから、「グループで学ぶ」って言われても・・・って感じだったんですよ。

そうしたら、その反転授業の研究しているコミュニティの中で「ワールド・カフェっていうのがあるんですよ」と教えてくれた人がいて、「ワールド・カフェをやろう」という本を買ったんですよね。

そのワールド・カフェの本は、香取一昭さんという日本のワールドカフェの第一人者が二人の著者のうちの一人なんですが、その本を読んでいたら「自己組織化」とか、そういう生物物理で出てくるような言葉がじゃんじゃん出てきたんですよね。

それで、自分の中の若い頃に情熱を燃やしていたけども、いったんそこから離れて関係なくなっていたものと今やっていた活動がつながり直した。いわゆるコネクティング・ドッツみたいになったですよね。

で、「何で自分が反転授業の研究というオンラインの研究をやっているのか?」と考えたときに「自分がかつて自己組織化を学んでいたことに意味があるんだな」と思ったんですね。

「このコミュニティってものに人間の自己組織化を起こしていこう」と思って、自分が今までやってきた教育のことだったり、動画のことだったり、反転授業や自己組織化が全部一本の糸でつながって、自分のやるべきことってこっちなんじゃないかなっていう気がしたんですね。

香取さんが社会構築主義っていう考え方で、正解があってそれを学ぶんじゃなくて、関係性コミュニケーションの中からいろいろな知識が出てくるんだっていう考え方でワールド・カフェというものをかなり掘り下げて本に書いてくれていて、それを読んだおかげでそこと今の活動がつながったんですよ。

※ワールド・カフェ
リラックスした空間の中で交わされる「カフェ的な会話」が創造性に満ちていることを活かした話し合い。カフェ的なリラックスできる空間を用意し、そこに文脈と問いを投げかけて少人数で対話していきます。メンバーを変えながら対話を重ね、最後にそれをシェアし合うことで、様々な気づきや、意味のつながりを得ることができます。

田原真人が人生でやりたいこと

【小泉】いまの田原さんが人生の中でやっていきたいことは?

【田原真人】いまの自分の中を一番深く潜って掴んできたものは「魂の植民地化のプロセス」と「魂の『脱』植民地化のプロセス」というものなんですよね。

教育の分野とかでこれが正解っていうものをガチッとはめられると正解じゃない部分が誰しもあるわけですよね。

その正解じゃない部分が抑圧されて、その抑圧がすごい強まってしまうとこれが正解だと抑圧しているものを内面化していった方が楽になるわけですよね。

その抑圧者の意図とか意識とかを内面化してしまった状態を「魂の植民地化」された状態というふうに深尾葉子さんが定義しているんですけども、その状況に気づいて、その無意識化されたものを外していくプロセスが「魂の脱植民地化のプロセス」だと思っています。

魂の植民地化、脱植民地化の部分ていうのが、日本の組織とか教育とかっていう分野で一番根っこのところにあると思っています。

魂の植民地化されている状態が対話しているうちに「なんかおかしいぞー」となっていって、すごいストレスフルな状態になって、それがパカッと外れていくみたいな状況が、いわゆる「Uプロセス」だと思っている。

だから、そこの内面を観ていくためにいろいろと開発されてきたやり方、U理論とか、プロセスワークとか、NVCとかを魂の植民地化と脱植民地化という文脈で見て、どういう風に役立てればいいのかな、なぜそういうものが必要なっているのかなっていうことを考えたら、自分の中ですごく整理されてくる感じがあった。

だから、その中で魂の脱植民地化のプロセスをやりたい、自己組織化を起こしていきたい。

※ U理論とは?
集団や組織が新たな未来を創造するためのリーダーシップ能力をどのように開発できるか、その能力をもとにどんなプロセスで新たな現実を生み出すことができるのかを説いた理論。世界の様々な領域に渡る最も著名なリーダーへのインタビューやイノベーターたちとの仕事を通じた経験を元に生み出されました。
詳しくはこちらをご覧ください。 >> http://www.presencingcomjapan.org/utheory/

※ プロセスワークとは?
ひとに関わる「ものごとの自然な流れ(プロセス)」に取り組み(ワークし)、起こるべき変化が何かしらの理由で滞っていたら、「全体」にとってよりよい変化が起こるようにサポートする実践的アプローチ。
詳しくはこちらをご覧ください。 >> http://jpwc.or.jp/pw/

※ NVCとは?
コミュニケーションにおいて相手とのつながりを持ち続けながら、お互いのニーズが満たされるまで話し合いを続けていくという、共感を持って臨むコミュニケーションの方法。Nonviolent Communication(非暴力コミュニケーション)の略。
詳しくはこちらをご覧ください。 >> http://nvc-japan.net/nvc/

田原真人さんの写真

U理論との出会い

【小泉】いろいろと研究されていますねー。

【田原真人】ほとんどはこの2年の出会いなんですよ。

U理論の本を読んだときに、この心象風景は知っているっていう感じがしたんですよ。

自分自身も学校教育だったり、親の期待だったり、いろいろなそういうものにがっちりはまってきていて、そこから問題が生じて、20代後半で大学院を中退している。

それから6,7年、抑圧からある程度離れていくっていう期間があったんですけど、その時の自分の心象風景がU理論の全部のステップが体験と結びついて理解できた。

ああこれ知っている、こういうことがあったよねと。

U理論の本は抽象的に書いてあるけど、自分の体験談を読んでいるような感覚で本が読めたんですよ。

いろいろなコミュニティをやっているなかで、軋轢が出てきたり、いろいろなボトルネックが外れたりって動きがあるんですけど、それの変容のパターンていうのを自分の中でかなり深くたどっているんですが、

ああ、ここの場所はよく知っている、カオスは詳しい、自分はこのカオス的な状況をよく知っているっていう感じがありました。

自分のコミュニティ運営やファシリテーションは、本とかから学んだものではなくて、その体験から学んだものだなって感じているんです。

田原真人さんの写真

田原真人を変えた「心象風景」

【小泉】ご自身に見えた心象風景とは?

【田原真人】ここはけっこう微妙なところに入っちゃうんですけどね(笑)

子どもの頃から進んできたまっすぐな道があって大学院に進み、大学院の時に学生結婚をしたんですよ。

その学生結婚していた時に一緒に暮らしていたパートナーには僕の自己欺瞞的なところがよく見えるわけで、そこにすごい軋轢が生まれたんですね。

そこに対して僕の心がものすごい反応する状況があって、パートナーが病気になっちゃったんです。

最初は僕は「パートナーが治って元の方にくれば、自分は夢に向けて、学者に向けての道を進める」と思っていました。

でもそう思っているうちに現実はどんどん悪くなっていくんですね。

現実がどんどん悪くなっていったなかで、いろいろなことがどんどんボロボロになっていくわけですよね。

で、自分はこんなにボロボロになってまで、何のために?何を守っているんだろうか?とも思いました。

ただ、元の方以外は不確定でわからないことなので、そっちに行くのがすごい怖いわけですよ。

自分の元の方に戻ろうとするのと、それじゃだめだから変わらなきゃいけない、でも変わった先がどうなるのかわからないっていうものすごい引っ張り合いがありましたね。

で、その中で戻る方の可能性が一つでも見えていると、その可能性を追求していくわけですよ。

追求しながら事態はどんどんどんどん悪くなるっていう状況を体験して、戻っていく道が尽きた状況になって、これはどうにもならない、どうなってもしょうがないなって思って引っ張るのを止めて、向こうに自分からゆだねたという感覚が自分の心象風景的にありました。

そうすると世界の見え方が本当に変わって、これは自分の見方がいろいろなものを創っていたんだなと気がつきました。

じゃあ二人で暮らしていこうみたいな感じになって、会社を作ろうということになり、会社を作っちゃったんだから何をする?って相談した結果、せっかくだから予備校でやっていた動画配信をインターネットでやっていこうかということになりました。

会社を先に作ってからやることを決め、インターネットでの動画配信の仕事を二人でやっていくことにしたっていう、そういう心象風景です。

そこから二人でやっていく生活が始まって、徐々にいろいろなものが積み重ねってきました。

【小泉】その再スタートを切ったときはどんな田原真人さんだったんですか?

【田原真人】そのときは物理をやってきたをことをけっこう否定的にとらえていました。

過去をけっこう否定して、生き直そうとしていた気がします。

物理は仕事として予備校で生徒のために教えるみたいな、そうして目の前の人をちゃんと大事にする生き方をしていこうところに立ち返ろうとしていました。

その頃は、物理学というか、肥大した自己を捨てて、等身大の自分でちゃんと生き直そうみたいなモードでした。


ここまで、田原真人さんのライフワーク、ご自身の変容を経て会社を立ち上げる道を選ぶ物語を紹介してきました。

後編では、過去を否定し、肥大した自己を捨てて、等身大の自分で生き直そうとし始めた田原真人さんに訪れた更なる変容の物語と、これから創り出したいもの、その根底にある考え方を紹介します。

どうぞお楽しみに!

※ 関連記事

 

※ 参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です