【田原真人】魂の脱植民地化/自己組織化の実験 ~ クエストの物語 No.1(後編)

自然の摂理に則り、生命の躍動を感じながら学びを創り、個人・場・世の中に変容を起こしている田原真人さんへのインタビューの後編です。

ここまで、田原真人さんの教育に対する考え方、ファシリテーターとしての在り方などから始まり、ここに到るまでの経緯、ご自身のライフワークやご自身の変容の物語を紹介してきました。

この後編では、学者への道から離れ、ご自身の会社を立ち上げる道を選んだ後に訪れた更なる変容の物語と、これから創り出したいもの、その根底にある考え方を紹介します。

田原真人さんの写真
田原 真人(たはら まさと)
自己組織化ファシリテーター
オンライン教育プロデューサー

「反転授業の研究」代表
http://flipped-class.net/wp/
物理ネット予備校「フィズヨビ」代表
http://phys-yobiko.com/

公式ブログ :
http://masatotahara.com/

早稲田大学理工学研究科博士課程で生命現象の自己組織化について研究後、河合塾の物理講師になり、2005年に物理ネット予備校(フィズヨビ)を立ち上げる。反転授業との出会いをきっかけに、ピラミッド型の社会システムや教育システムに疑問を抱くようになる。自らの学び場を自分で創るために「反転授業の研究」を立ち上げる。そこで対話を通した自己組織化と出会ったことで、学生時代に学んだことを再び生かし始め、オンラインコミュニティに「いのち」を宿らせることに調進し始める。集合知→価値創造→価値提供の循環が生まれ、4000人を超える活性化したコミュニティになる。その体験を分かち合うために自己組織化ファシリテーターとしての活動を始める。インターネットで相互に繋がり、生命的になりつつある世界において、インターネットの繋がりを生かした生命的な生き方を追求するために「Zoom革命」を始める。著書『Zoomオンライン革命』を近日発売予定。国際ファシリテーターズ協会日本チャプター理事。

3.11 ~ 2回目の変容

【小泉】そこからの田原真人さんのなかでワールドカフェに出会うきっかけやそういうところに興味を持ち始めたのは?

【田原真人】10年くらい物理みたいな、概念的なところを掘り下げていくところとか、本気で思考を深めて概念化していくことは結構抑えていた。

過去の自分とある程度決別したいと思っていたところがあったので、そこは結構抑えていました。

そして10数年たって2回目の変容が訪れたんですね。

それは3.11の時がきっかけでした。

あの時、メディアから情報が降りてきて、そのメディアから降りてくる情報をそのまんま言われたとおりに受け取っている人が周りにスゴイたくさんいると自分からは見えました。

自分は1回目の変容の時から、そういうもの対する批判的な目っていうのがそのときなりに少しあったのでそういう風に感じたのかもしれないけれど「うわー何なんだろうこれって?」と思ったんですね。

何ていうか、演劇で突然どこかの幕がどこかで壊れてバサッと落ちて、舞台裏が見えた、見えちゃったら見ないふりはできないでしょうって感じですね。

でも、同じものが見えたはずなのに、なんで見ないふりをしちゃっているの?という、えー!?ていうようなスゴイ混乱がありました。

「これは本当なの?」と思って自分で調べていく少数の人がいて、そういう人は周りから孤立していく。世界認識の仕方が違ってきてしまって孤立してしまう状況が見えました。

それを見たときに、「この国にはものすごい抑圧のメカニズムが働いているんだな」と思えました。

その抑圧のメカニズムの中で自分は暮らしてきたし、そこに対して無関心を装って自分のことだけをもっと素朴に生きようと思ってやってきました。

でも、ひょんなことからコミュニティの代表になって、人がわぁーと集まってきて4000何人っていうグループの代表になって、自分の意図したものと違う流れで、教育を変えていく渦のけっこう中心のところに来ていた。

そして自分がかつて学んでいた自己組織化であるとか、そういうサイエンスの知識がものすごく役立つ状況になっていきました。

そうなった時になんていうか、「自分の人生って何やるためにあるんだろう?」という感覚があって、この流れの中でやっていけることをやっていったらいいんじゃないかなってなった時に、何か遠慮していた部分が「今だったら使いこなせるかな」みたいな感覚になりました。

本来の自然とか生き物とかが持っているような働きを取り戻していくみたいな、自然の摂理、社会の摂理、経済の摂理が一致していくような、もうちょっと調和のとれた状況をもたらしていくのはトップダウンでは決して実現できないもの。

それは、つながりと自己組織化のパワーというか、そういうものでしか実現できないものって気がしていました。

「じゃあ、それは誰がやるの?」って思った時に、自分にはそれをやるためのリソースがかなりあるって気づいたんですね。

田原真人さんの写真

全ては自己組織化の実験

【小泉】教育や社会、コミュニティなどでいろいろな活動をされていますが、田原さんが一番大事にしたい活動は何ですか?

【田原真人】自分の中では、けっこう同じなんですよ。

要するに全てが自己組織化の原理を発動させるための実験だから、それを教室でやるときもあるし、研修みたいな場所でやるときもあるし、コミュニティみたいなときにやることもあるんです。

そこでの全ての実験から、その原理を自分が暗黙知的にも形式知的にもより深く学んで、いろいろな場所で再現可能な形で発動させられるような、条件であったり、関わり方であったり、そういうものを見つけていきたいって思っています。

そしてそれを見つけて共有して、そういう意識で使える人が増えていった先に自分の創り出したいものが生まれてくるんじゃないのかな。

生命の躍動と田原真人が創り出したいもの

【小泉】その先にどういうものを創り出したいんですか?

【田原真人】今日ちょっと見えてきたんですけども、「進化」という概念がすごく狭く捉えられていると思っています。

ダーウィニズムは突然変異と自然選択で進化するっていっているんですが、突然変異ってランダム・フラクチュエーション、ホワイトノイズなんですよね。

言ってみれば、ダーウィニズムではホワイトノイズでバリエーションができて、そこから最適化して、最適なものが生き残るというシステムです。

それの盲点は最初にフレームが決められているってことなんですよね。

本来だったらそのフレームの外にある大きなシステムの一部をある人が切り取っているだけで、自然自体は宇宙ですべて繋がっているわけですよね。

で、その一部を切り取るとゆらぎ、ランダム・フラクチュエーション、乱数に見えているものが、実は大きなシステムからその一部であるフレームのなかに入ってくるメッセージなんですよね。

そのメッセージをゆらぎとして、そのメッセージからある種の創造的な動きが起こり、ある種の全体との調和に向かう形で動いていくっていうふうに見るのか、それは弱い相互作用だからそれを無視して、そのフレームのなかで最適化していくかっていう違いが生じるんですね。

だから、大きなシステムとその一部の小さな部分っていうものを考えたときに、小さな部分がどんどん変化していくと、小さな部分の変化によって大きな部分が変化していく、大きな部分が変化していくことによって小さな部分が影響を受けてまた変化していくっていう、そんなミクロの部分とマクロの部分が相互に影響し合いながら変化していくっていうのが、宇宙の進化のメカニズムなんじゃないかなと思っています。

それを考えた時に、リアルなローカルのコミュニティの進化っていうのと、それがオンラインで繋がっているグローバルの広い範囲のコミュニティっていうものとの間で、いま言ったようなことが起こるんじゃないのかなと思ってるんですよ。

だからローカルのコミュニティの変化がオンラインのコミュニティの変化に影響を及ぼし、オンラインのコミュニティの変化がローカルのコミュニティの変化に影響を及ぼしっていう形で、そこのゆらぎが相互に影響し合いながら変化していったときに、ローカルのコミュニティがつながりあって、次のフェーズに向かっていくようなイメージを持ってます。

そして、つながりが強まっていくと自然と一体化したシステムになるので、一体化したシステムとしての調和に自然と向かっていく。

全体がつながっていく形になったときに、いままではバラバラのシステムだったが一つのシステムになっていく。

一つのシステムになったときに、そのシステムの中で最適化されていくから、だんだんそのシステムのなかでの調和に向かっていくわけですよね。

分断されていると分断されている部分部分での最適化になるわけだから、フレームが壊れてつながっていくとより広い範囲での最適化が起こっていく。

そして、またフレームを壊してつないでいくと、より広い範囲での最適化が起こっていく。

そこで最適化される前にどんどん新しいものを入れて、最適化と新しいもので条件が変わって最適化がやり直される。

その行き来の中に生命の躍動がある。そういうことを起こしていきたい。

※ ゆらぎ システムに加わる小さな変動。普段は無視できるが、システムの安定性が交代するときには、変化の行き先を決める役割をする。
※ ランダム・フラクチュエーション(ホワイトノイズ) 完全に方向性がない変動

機械論・生命論を含む「自己組織化パラダイム」

【田原真人】ちょうど今日、「自己組織化する宇宙」ていう本を読み直していたんですよ。

そこに「自己組織化パラダイム」っていう言葉が載っていたんですよね。

ああ、そういう言葉を使っていたんだなーと。

機械論パラダイムから生命論パラダイムと思っていたんだけど、そうじゃなくて機械論とか生命論とかも全て含む自己組織化パラダイムに移行していくようなパラダイムシフトを起こしていきたいんだなって思っていたんですね。

宇宙では、生命が始まる前から自己組織化は起こっていたわけで、生命プロセスも自己組織化プロセスの一部だから、生命は自己組織化プロセスがより象徴的な形で表れている。

で、その自己組織化パラダイムが一番象徴的な形でよく現れているのが学習システム、ラーニング。

宇宙の進化自体が大きく言えば学習システムみたいなもので、どんどん複雑化していることなんだなーと考えて、その世界観から何かを語ることで、なんか渦を起こしたいなって。

自然の摂理に沿っているときが一番うまくいく

【小泉】ご自身の活動の中で大事にしているのは?

【田原真人】「自然の摂理に照らしたときに、いま自分の活動はそれに沿っているだろうか?」ですね。

いろいろな社会とか、条件が入ってくるんだけど、結局は自然の摂理に照らしてどうなのかというところに戻っていけばいいんだなーと思っています。

そこに沿っていったときに結局一番うまくいくし、すごく正直に振る舞っていると、世界からのフィードバックも正直に受け取れるので、これは違ったんだ―とか、こっちに行けばよかったんだと次の展開がちゃんと見えてきます。

田原真人さんの写真

※ 田原真人さんの好きな本:

※ 参考記事


編集後記
どんな質問にも誠実に、丁寧に答えてくださった田原真人さん。

その田原真人さんから出てくる言葉には、深い洞察と積み重ねた思考からくる奥深さがありました。

(インタビューでは引き出しきれなかった田原真人さんのお考えは、公式ブログにご自身の言葉でより詳しく述べられているので、ご興味のある方は是非ご覧ください。 http://masatotahara.com/

そして、それと同じくらいにこれまでの人生の物語を通じての溢れる人間味、研究者らしい好奇心を感じました。

いまは何度もの変容を経て、ご自身の生命を躍動させながら活動されているんだなと思いました。

自己組織化の実験をされ続けていますが、ちょうど実験室にある「るつぼ」の様に、ご自身は好奇心でるつぼを作って、個人や場、世の中に起こる変容を支えているのかもしれません。

リーダーは、その状況において真に扱うべき本質的なことに場が向き合うようにリードし、ときとして変容を支える器となることも必要ですが、田原真人さんにはそんなリーダーの姿を感じました。

自己組織化プロセスを通じて田原真人さんが創り出す世界を楽しみにしながら、その活動を応援していきたいですね。

ありがとうございました!

※ 関連記事

 

※ 参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です