未来を創る 理念・リーダーシップ研究所

【宇佐見博志】新しい社会への移行 ~ クエストの物語 No.3(中編)

一人ひとりを大切にしながら、自然・社会・地球といったもののあるべき姿、新しい社会への移行を起こす活動をされている宇佐見博志さんへのインタビューの中編です。

前編では、宇佐見博志さんが行っている活動やお考えを紹介してきました。

この中編では、そうした活動をされている宇佐見博志さんが歩んできた道のりや支えとなっているものを紹介します。

宇佐見博志
宇佐見 博志(うさみひろし)

グレート・ターニング :
https://www.great-turning.com/

1964年愛媛県生まれ
P&Gに28年勤務後、NPO法人セブン・ジェネレーションズ代表理事、グレートターニング代表。
幸せなチームづくりコンサルタントとして、経営者向けセミナーや自らの価値に気づくワークショップ、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム、アクティブ・ホープなどのワークショップを行う。現在大学生の長女・高校生の長男は自宅出産。自然や身体のリズムに基づくマヤ暦に詳しく、人生の波やその方の本質や周りの人との関係性を伝える「マヤ鑑定」も行う。わの舞を踊る。

人の探究、世界の探究

【小泉】こうした活動を始めたのはどんなきっかけがあったんですか?

【宇佐見博志】最初はP&Gに入社して2年目に イッツ・ア・ビューティフル・デイ(IBD)というプログラムに出会ったんですね。

コーチAの代表をされている伊藤守さんがやっていたプログラムなんです。

コミュニケーションを扱う、あるいは自らの価値に気づくというのがそのキャッチフレーズの一つなんですけれども、そういうのをテーマにいろいろなことを学びました。

なんか会社でやっていることと自分がプライベートな時間にいろいろ学んでいることの2つを一緒にやるような人生を私は送ってきたんです。IBD の後はまたスピリチュアルな分野に出会ったりとか。

ブレイクスルーテクノロジーコースについても一言お伝えした方がいいと思っているのでお伝えすると、ランドマークエデュケーションという会社がやっているプログラムで、リン・ツイストとか、私のチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムのファシリテーショントレーニングときに来てくれたトレーシーも参加していたプログラムがあります。

日本ではブレイクスルーテクノロジーと呼ばれていますが、もともとはアメリカでエストと呼ばれていたワーナー・エアハードという人のプログラムで、彼女らはそれをかなり深いレベルまで学んでいる人たちなんですね。

それはトランスフォーメーションっていう人生を変容させるというテクノロジーを教えているコースで、それをやっていた人たちがハンガープロジェクトを立ち上げて、リンがそれに関わったという背景もあります。

そこに私は3年間関わって、説明会リーダーというアシスタントでもここまではできますっていうところまでやっていて、その説明会リーダーのリーダーを大阪でやって、3年経って一度離れたんですね。

それがやっぱり、いま考えるとそのリン・ツイストとのつながりとかですね、とても深いものがあるなと思ったりしているんですね。

宇佐見博志さんとリン・ツイストさん

何がきっかけかを一言で言い切れないんですけれども、仕事ともう一つの軸がですね、自分が人の探究といいますか、あるいは世界の探究といいますか、そういう分野の事を30年以上かけてやってきているんですよね。

その流れの中で子供を自宅出産するという流れがあったりとか、船井オープンワールドというものに参加してマヤ暦に出会うというのがあったりとか。

マヤ暦のつながりでわの舞を始め、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムに出会うっていう流れに来てるんですね。

そういう感じです。

会社の価値観と自分の価値観の違い

【宇佐見博志】最近のそこの流れをもう少し言うと、子供を自宅出産するっていうのは1つの大きなきっかけで、今でも今の活動をしている大きな要因になっているんです。

「生きがいの創造」という飯田史彦さんの本があって、赤ちゃんは生まれてくるタイミング、生まれてくる人、両親、あるいは人生の使命みたいなものを選んで、決めて生まれてくるよみたいなものがあり、そういう赤ちゃんの魂について教えてくれるところだったり、育児文化研究所というところで赤ちゃんについて、あるいは出産について色々学んで、自宅出産というものがあるということを知りました。

なので長女はお腹の中にいる5ヶ月から産婦人科には行かず、母親である妻とお腹の中にいる娘がコミュニケーションをお互いにしてきました。

例えば yes だったら1回蹴ってね、Noだったら2回蹴ってね、みたいな感じでいろいろなことを直接聞いたんですね。

生まれてくる日はいつ?って聞いて、何日って言ったら違う、何日って言ったらハイみたいな。

で、5月1日に生まれてくるっていうのが返事としてきて、ああ5月1日に生まれてくるんだねって言って、その日にちゃんと生まれてきたんですね。

そういうのがあって、その長女はできるだけ布オムツを使おうと。外出でよほどのことがない限り布オムツで育てるみたいな形で。

そしたら会社が紙オムツメーカーだったんで、会社の価値観と自分の価値観がだんだんこう離れていくというか合わなくなっていくというのがありました。

あるいは家では創生水という水の装置を付けているんですが、洗剤がいらない水と呼ばれていて、できるだけ洗剤とかシャンプーとか歯磨き粉とか、いわゆる化学薬品を使ったものをあまり使わないようにしているというような在り方を理想としています。

一方、会社は洗剤メーカーで、シャンプーメーカーで、というのがあって価値観がだんだん離れていったんですよね。

それもこういう活動をするようになった大きな要因の2つ目。

1つ目がいろいろとコミュニケーションとか人間の在り方とかを探求し続けてきたこと。

2つ目が出産以降に会社の価値観と自分の価値観が合わなくなっていくようなことがいろいろあったこと。

そして、3つ目がチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムに出会ったということがあるかなと思います。

【小泉】娘さんもその生命のリズムに合わせて産まれ、生活の中でも創生水を使って自然とのつながりを大事されているんですね。

すごく自由に自然体でいられるようになったプログラム

【小泉】最初の起点になったイッツ・ア・ビューティフル・デイを受けるきっかけは何だったんですか?

【宇佐見博志】大学時代のつながりがあった方が勧めてくれて面白そうだと思っただけなんですけど(笑)

でもその時の体験、最初の3日間のセミナーに参加した体験はとっても強烈で、人との関わりというものについて全く新しい視点が生まれたんですよね。

まあもうちょっと言うと、一番強烈だった体験はハグでしたね。

何か特に女性との関係で、こんなに安心してただ一緒にいられるんだっていうような感覚があって。

それはすごく安心できる関係だったんですよね。

それまでは、ああしなきゃいけない、こうしなきゃいけないみたいな、デートはこういうものだみたいな思い込みがあったんだなってその時に気づいたんです。

すごく自由に自然体でいられるようになったのがそのプログラムで感じて、そこから自分のある意味第二の人生を歩み始めたくらいのインパクトがありましたね。

【小泉】そこで本当に人の在り方が変わった、自然体でいていいんだとなったんですね。

なんか、それに限らずいろいろなところでいろいろな人とのつながりだとか、外部のプログラムとのつながり、そこで大きく影響を受けたり、吸収したりして、いろいろとやってらっしゃるんですね。

【宇佐見博志】そうですね。それはずっと続いていますね。

直感で生きる。感じることを大事にする。

【小泉】もう一つの「人と世界の探求」っていうのはどんなきっかけで始まったんですか?

【宇佐見博志】IBDに8年間、最初は自分も参加者だったんだけど、その後はずっとアシスタントとして関わり、さらにいろいろなプログラムに参加するようになっていったんですけれど、人というものがどういうものかっていうのはやっぱり大きなテーマなんですよね。

自分がどういう人かっていうのはもちろんですが、人というものに対する探究をずっとしているとも言えるんですけど。

その感情とか、何て言うかな、こうならなきゃいけないっていうものから実際こういうものだっていう、その実際こういうものだをそのままに受け入れるとか、優しく包み込むとか、そんな感覚をずっと培ってきているような気もします。

ありのままでいいんだっていう、そういうのをずっと体感で味わってきている感じですね。頭でというよりも。

そういうのもあったから、感覚といいますか、「愛は見ること、聴くこと、触れることだ」っていう言葉が伊藤守さんから教えてもらったんです。

それまでは愛っていうのは加藤諦三さんの本を読んでいて、友情とはとか、愛とはとかを、頭で無条件の愛とかいろいろと思っていたんだけれども全然実感がないものだったんですね、愛というものについて。

でも愛は見ることで、聴くことで、触れることだということを聞いた時に、そんなにシンプルなことなんだなって。

見ることが愛なんだと思ったら、愛はいまここにあるんだということがすごく実感できるし、聴くことが愛だっていえばしっかり聴くことが愛だし、触れることが愛だっていえば触れられるし、愛がこの場に、ここにあるっていうことをすごく自分でも味わえるようになった。

そういうのもありましたね。

そういう感じるっていうことがとても大事なことだっていうのがわかってきたという感じですかね。

その後直感で生きるとか、足立育朗さんの波動の法則とかいろんな本とか講演の影響ももちろんあるんだけれども、だんだん直感で生きることを大事にするようになって、直感で生きる、感じるということをすごく大事に生きてきたような気がします。

【小泉】そうなんですね、ありがとうございます。

乗り越えてきたこと

【小泉】ちょっと話が変わりますが、ここまで活動を続けてきた中でどんな苦労があったんですか?

【宇佐見博志】サラリーマン生活ではそんな順調でもないというか。

中学、高校、大学とストレートで進んでいて、ありがたいなと思うところがあったんですけど、その分あまり苦労していないところもあり。

会社は優秀な人がたくさん集まっているところで、そんな中での競争の非常に激しい会社でもあったから、そういう中での仕事の難しさはありましたね。

【小泉】そんな中で、どんなことを乗り越えてこられたんですか?

【宇佐見博志】一つは1回目の離婚かな。

25歳で結婚して29歳で別れたんです。丸4年で。

まあ結婚するのは勢いで結婚するというのがあって、出会いがあって結婚できたというのはとてもありがたかったけど、離婚はやっぱり辛かったですね。

もうちょっとあの時にこうすればよかったんじゃないかとか、いろいろなことを思い出してね。

別れると決めるまでもある程度の時間がかかりましたけど、別れてからも、よし次にいくぞと思って別れたんだけれども、別れてから半年ぐらいは沈んでいましたね。

その時期も IBDには通って、その中のスタッフの1人にカウンセリングとかしてもらって。

そういうので新しい自分の在り方を改めて見つめ直すということもあったし、自分を見つめ直した上でどんな関係を築いていけばいいのかっていうことを考え始めたというのがありました。

その先に今の妻との出会いがきたんですけれども、まあ離婚というのが一つ目の乗り越えたことですね。

二つ目は、企業の中でなんかこう、何て言うか、仲間に受け入れられるのが難しい時期があったんです。

感覚で言うと何て言うか、まあ自分の中に残っている感覚としては仲間外れされるような感覚とか、そういう時期があって、そういう時期もIBDでのいろいろなつながりでとっても大きな癒しがあったので乗り越えられたというのがありますね。

紙オムツを使わないとか、洗剤がいらない水の創生水を使い始めるとか、そういうことを会社の中で話してからまた浮くようになったことですね。

まあいろいろな時期がありましたね。

自分がやるべきことはまだ残っている

【宇佐見博志】そういうのもあって実際なかなか自分の向いている仕事って何だろうかって思うこともあり、少なくとも紙オムツを売ることに興味がない社員なんでなかなか難しいですよね、会社の中でやっていくのが。

でもまあ七つの習慣というトレーニングが会社の中であり、それに基づいたコーポレート・アスリートという名前のトレーニングがあったりする中で、自分がやるべきことはまだここに残っているなということに気づいて。

合わないから辞めるという退職の道も考えることももちろんあるんだけれども、まだこう人間関係が全部修復しているわけでもないし、やることがあって残っているじゃないかと思うようになって。

ビジネスに興味がない分、人に貢献するということやっていけばいいんじゃないかとか、あるいはあきらめているなということにも気づいて、上手く上にあがっていくということもあきらめているんだということも思ったりして。

そういうことに直面して、やれることをやってみようと思ってグッと積極的に働き始めたんですよね。

その結果、それが非常に良かったんですけど、システム部門に移籍して、さらに人に貢献するという分野で仕事をするようになったりとか。

営業部門だとスタッフでいることが結構長かったんだけれども、国内とのつながりの方が強いんですね。

でもシステム部門に行くと今度はグローバルの経験をいろいろとさせてもらって、それが今とても生きてると思う。

だからなんて言うか、結果的にはそのP&Gにいたことがすごく今の活動の基礎になることをたくさん学ばせてもらったと今は捉えているんです。

本当にその経験があって良かったなと。

そしてとっても守られていたとも言えて、その企業に中にいるから自分がしたいことをしながら、とても自由な社風だったから、好きなときに休みを取れるような社風なので、やりたいことをやりながら勤められたということもあって、それはとても良かったなと思いますね。

あと別な面での挫折というか難しい点というのは今も継続しているんですけれど、退社した後もどうやって収入をちゃんと基盤に乗せていくかというのが今の大きなテーマですね。

それは退社した以降、まあ割増の退職金をもらって辞めたんだけれども、ずっとこう退職金を切り崩しながら、収入も少しずつはあるんだけれど、かといって生活費をカバーするまでにはいってないので、今もそれはひとつの大きなテーマですね。

【小泉】いろいろな苦労をされてきたんですね。

全ては上手くいっている

【小泉】そういう厳しい状況を乗り越える、そういう中でもやっていくときに、何が宇佐見さんの支えになっているんですか?

【宇佐見博志】一つは委ねるということですね。自分の座右の銘というのは「全ては上手くいっている」なんですね。

導かれていると思っているし、だから難しいことがあっても「それは与えられている課題だ」みたいな感じで捉えているし、自分が使命を全うするために必要な学びをそこから今得ているんだって捉えているし、大いなる流れの中で自分が今世の役割を果たしたり、使命を全うするために必要なことが次々と起こってるし、自分は間違いなくそういう自分の使命とか役割を果たすために進んでいるんだ、みたいな感覚を持っているっていう感じですね。

それはとても大きな支えになっていますね。

【小泉】そこは迷いもなく確信してるような感じですね。

【宇佐見博志】そうですね、委ねる力。アクティブ・ホープのなかにもありますけど、その委ねる力だと思っています。

一人ひとりが人生の使命とか役割を持って生きていく

【小泉】そこまで確信できるようになったのは何があったんですか?

【宇佐見博志】なんだろうね、まあ一つは魂というものの存在ついていろいろと、いわゆる精神世界のこともたくさん学んでいる中で、一人ひとりが人生の使命とか役割を持って生きていくんだってことについては迷いなくそういうものだというものがあります。

自分にもそういうものがあるんだってことも。

もう一つは、なんだろうな。大きい小さいはいろいろとあるけれど挙げていくと、守護霊と言いますか自分をサポートしているような存在たち、あるいは先祖の方々みたいなそういうつながりを感じていて、自分は常に守られているという感覚あるんですよね。

だから常に直感で教えてくれていると思っていて、特に上手くこれをやったらいいよっていうかね。

ワクワクしたり、ときめいたりというのは、その感覚があったときにはできるだけやるようにしているし、逆にそっちに行ってはいけないっていうようなタイミングでは直感で気をつけなさいみたいなのを感じるんですよ。

でその何か気をつけなきゃいけないんだなとか、何か間違えているんだなと思ってその場で止まって確認したりすることがあるんだけれども、そういう直感的なことに従って生活していると、そういう守られている感覚というのがすごくあって、そういう感覚があるから何て言うか、自分が全ては上手くいっているっていう感覚につながっているっていうのがありますね。

で、過去を振り返った時に自分が今やっていることに必要なことが本当に筋道立って、いろいろなところで違うことをやっているように見えて、自分に必要な要素をいろいろなところでちゃんと学んできていると思っているのもあるかもしれないし。

まあ、そういうものそれぞれが自分にゆらぎのない感覚を持たせてくれていますね。

大事なことは、まず感じて、それを確認する

【小泉】直感とか、感じるとか、感覚的なところがたくさん出ているようですが、そうしたことを感じられるようにするためにどんなことをしてきたんですか?

【宇佐見博志】直感を磨くといいますか、使うようにしました。

例えば、最初にやったのはメニューとかで、レストランに入って最初に目についたものに従うんですよ。

元々は全部見てどれにするか迷って決めるタイプだったんですけれど、もちろん早く決めるときもあるけれど、パッと目に入ったものを選ぶとかを意図的にするようにしていました。

これかなって思うものに従うっていうのを、まあ上手くいくときもあればそうでないと思えるときもなかにはあるけれど、やってみるということをしてみた。

それが直感ですね。

二つ目は感じるっていう要素ですね。この感じるっていうのは良い感情だけを感じるということはできなくて、感じられる要素って悲しさとか悔しさとか寂しさとかそういうのも全部感じきれるようにしないと喜びとか嬉しさとかを感じられないので、全ての感情を味わうというのをIBDの時にずっと訓練したんですね。

その感情を感じるっていうのもとても大事な要素ですね。

自分の体の感覚だとか五感を使った感覚をできるだけ大切にするので、そうすると左脳よりも右脳の方が優位になっていくというか、それも一つの要素ですよね。

あと自分の興味が湧いたことをできるだけやるっていうのもありますね。直感に従うに近いけど。

【小泉】たしかに体感覚や直感も知性のチャネルの一つですよね。

【宇佐見博志】今の感覚だと頭で考えることっていうのは大したことを考えられないんですよね。

より大事なことは腹からくると言いますか、感じるところから来ると思っていて、感じたり直感で思ったりしたことがまずあって、それを確認するために知性とか左脳があるて感じ、そんなイメージですね 。

【小泉】なるほど。以前、山伏修行というものに参加したことがあるんですが、そのときに先達が「今の人は人間の小さな頭で考えすぎている。まず感じて、感じたことを考えるのがいい」とおっしゃっていました。それと同じですね。

【宇佐見博志】まさにそんな感じですね。


ここまで、宇佐見博志さんが歩んできた道のりや支えとなっているものについてお話を伺ってきました。

後編では、宇佐見博志さんがこれから目指していることと根本にある強い情熱を紹介します。

どうぞお楽しみに!

※ 関連記事

※ 宇佐見博志さんオススメの本:

※ 参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です