未来を創る 理念・リーダーシップ研究所

【宇佐見博志】新しい社会への移行 ~ クエストの物語 No.3(後編)

一人ひとりを大切にしながら、自然・社会・地球といったもののあるべき姿、新しい社会への移行を起こす活動をされている宇佐見博志さんへのインタビューの後編です。

ここまで、宇佐見博志さんの活動やお考え、これまでの道のり、支えているものなどを紹介してきました。

この後編では、宇佐見博志さんがこれから目指していることと根本にある強い情熱を紹介します。

宇佐見博志
宇佐見 博志(うさみひろし)

グレート・ターニング :
https://www.great-turning.com/

1964年愛媛県生まれ
P&Gに28年勤務後、NPO法人セブン・ジェネレーションズ代表理事、グレートターニング代表。
幸せなチームづくりコンサルタントとして、経営者向けセミナーや自らの価値に気づくワークショップ、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム、アクティブ・ホープなどのワークショップを行う。現在大学生の長女・高校生の長男は自宅出産。自然や身体のリズムに基づくマヤ暦に詳しく、人生の波やその方の本質や周りの人との関係性を伝える「マヤ鑑定」も行う。わの舞を踊る。

社会は変えられるんだ

【小泉】これからどんなことを目指されていますか?

【宇佐見博志】一つ目は、セブン・ジェネレーションズの活動が非常に大きな運動になっていくことですね。

新しい世界観というものに触れてもらうというか、現代社会の起こっている原因が自分たちの思い込みにあることを気づいてもらい、全てはつながってるという世界観を多くの人がすでに受け入れ始めていて、自分たちが力を合わせていくことで社会は変えられるんだということを信念を持ってやっていくという人が増えていくことがとても大事なので、セブン・ジェネレーションズとか、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムとか、ゲームチェンジャー・インテンシブとかっていうプログラム自体がどうやったらより多くの人に触れてもらえるようになるのかということが一つ目ですね。

例えば雑誌に記事が載るとか、メディアに取り上げられるとか、とっても影響力がある人が加わってくれるとか仲間になってくれるとか、セブン・ジェネレーションズの活動が知られるというのが一つ。

二つ目は、従業員の幸せを最優先に考えていくような会社が色々な成功をやり始める、作るものは地球に良いもの作るとか、地球にいい方法でいろんなことをやっていくような、そして働く人にもいいし。

企業が社員のためとか、従業員が幸せになることを最優先にすると同時に、それが環境にも良いし、社会にも良い、そういう商品とかサービスをちゃんと出していくような企業がどんどん増えれば増えるほど社会にインパクトが出ていくと思っていて、企業を変えるのと消費者と呼ばれている一般市民の方々の意識を変えることの両方が大事だと思っていて、その両方を活動として、うねりとして作っていきたいんですよね。

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムとかセブン・ジェネレーションズの活動はどちらかというと一般の人の意識を変えるというところがより多く作用するんですけど、その企業を変えていくということが同時に進んでいくと。

セブン・ジェネレーションズがそこに関わっていくのもいいんだけども、そういう活動を始めていくってことですね。

あらえびすとかおふくろさん弁当とかも企業の一例だと思うし、そういうところをサポートしたいし、応援したいし、広めていきたいし、知ってほしい、ということも同時にやっていきたいと思っています。

一人ひとりが大切にされる

【小泉】そういうことをやっていくのにあたって宇佐見さんが大事にしていきたいことはなんですか?

【宇佐見博志】私が大事にしていきたいことは、一人ひとりが大切にされるということですね。

その中に自分も含まれるんですけど。

自分を大切にされるということがあって。

まあ出てくることから言うと、ある意味無理しない。

今も活動をいろんなことをやっているから、特にセブン・ジェネレーションズは代表理事を任せられているという流れがあって。

自分でも不思議なんですよ、セブン・ジェネレーションの代表理事を任せられているのは。

ちょっと余談になるんですけど話すと、チェンドリにつながること自体がすごく偶然がつながってきているんですよね。

何かわからないけれども大いなる流れの中で「あなたはここをやりなさい」って言われているようなことを何回か自分でも確認していて。

だから代表理事をやりなさいっていうことなんだろうなって思いながら。

南米アマゾンへのツアー

でも去年、南米アマゾンへ行ってある儀式をした時には、そのビジョンに出てくるのは、SGの代表として多くの人の前で講演しているようなビジョンが出てくるのかなーって思っていたら全然違って。

中小企業の現状を見て、あれをああやったらいいのにみたいなアイデアがいろいろと浮かぶ夢を見たんですよ。

そうしたら実際に中小企業をサポートするようなことがこれから起こるよって言われて、それが今の幸せなチーム作りコンサルタントの話した内容にも繋がってくるんだけど、そこで見るビジョンというのを自分はとっても信頼しているので、そういう方向にも自分は進むんだろうなと。

でもそれが代表理事のことをしっかりとやりなさいって、100%それをやりなさいっていうビジョンでないところがまた面白くて、どちらかというとSGの代表理事の内容は3割で、それ以外が7割ぐらいの労力を使うような感覚なんですよね。

その7割の方が生活の基盤を整える分野でもあるから優先しないといけないとも思っているんだけど、でも3割の分野ではもっとやって欲しいみたいな感覚も十分受けてるのはわかっているし。

そういう状況があるから最初に無理しないが出てくるんですよね。

なんか自分が本当にできることをやるとか、そういうのがありますね。

委ねる

【宇佐見博志】あと「委ねる」というのがとっても自分の大事なポリシーで、なんか頭で考えてこうしたらいいっていう風に出てくるのももちろんやっていくこともあるんですけども、より流れに任せるというか委ねるというのも大切にしています。

それから結構焦るのもあるんですよね。もっと早くちゃんと収入が取れるになったらいいなっていうのにその流れがすぐに来ないことに対して。

でも無理しない、焦らないというのも同時にありますね。

それが委ねるというところにくるんですけれども、こういう時期があってこその何かが現れてくるんだろうなっていう「委ねています」みたいな感覚に近いんですけども、そういう感覚も大事にしていますね。

で、やっぱり好きなことをするかな。

好きなことをするとか、直感でピンときたことをするみたいな。

そういうのも大切にしていますね。

これは行かないとなーとか、行きたいなと思ったことは行ってみるとか、それも大切にしています。

一人ひとりを大切にするというなかで、他の人に向けてというメッセージだとすると、つながりを大切にしているというのもありますね。

新しい人との出会いもそうだけれど、すでに出会っている人のことを更によく知るとか。

まあ何か大きなことっていうのは自分だけでできるとは思ってはいないので、何か大きなことっていうのはやっぱり人とのつながりの中から出てくることなので、そのつながる機会とかは大事にしていますね。

その辺を大切にしていると思います。

自分の命を使ってできることをしていく

【小泉】人に対するメッセージも出てきたので、世界とか自然に対するメッセージはいかがですか?

【宇佐見博志】最初に出てくのは「待っててね」という感じですね。

ちゃんとこう社会があるべき姿にいくように命を使ってやっていくから、それまで耐えててねというか待っててねというのが一つあります。

と同時に自然とか大地とか地球という存在そのものが、今の現状をある意味何か必要な一つの学びとして作り出してる感覚もあって、その流れの中で自分の命は新しい世界観が世界に広がっていくように、使われるように自分が生まれてきているような感覚もあるので、その世界とか自然というものに対して委ねているという感覚があるので、メッセージとして言うと「自分が自分の命を使って自分ができることをしていくので見守っていてください」という感じかな。

経営塾での活動

【小泉】ありがとうございます。
宇佐見さんからも伝えておきたいことがあれば是非お願いします。

【宇佐見博志】今は関西の方で「人持ち人生塾」という経営塾に通っているんですけど、そこでのつながりというのが今の生活の中では2割ぐらいはとるぐらいのウエイトで、結構あるんですよね。

で、そこのつながりで多くの経営者と出会ったり、経営者向けセミナーをやるようになったり、そういうことをしているんだけれども、来年は幸せなチーム作りという内容でサブチームみたいなものを作って自分の中でも活動していくので、自分がやりたいことと非常に近いことをその塾の中でやっていたりしますね。

そういうことも今しているというのもお伝えしたいですね。

人持ち人生塾での表彰

活動を知ってほしい

【小泉】宇佐見さんの活動がさらに広がっていく、発展していくために人や世界に対して協力を求めたいことは何かありますか?

【宇佐見博志】セブン・ジェネレーションズとかを取り上げてほしいですね。

それが取り上げられる機会が増えるほど知ってくれる人が増えて、チェンドリを開いたら参加者がいつも参加してくれるような、そういうふうになったらいいですね。

ファシリテーターが今250人以上いますけど、何でやらないかというと集客ができないからなんですね、多くの場合においては。

自分で集めるのに苦労して、一回やって止めるというケースがほとんどなので。

なのでセブン・ジェネレーションズを知ってほしいし、チェンドリに参加してみたいと思ってもらえる状況を作り出したいので、取り上げてほしいと思いますね。

それはセブン・ジェネレーションズもそうだし、私自身も取り上げて欲しいと正直思っているので、今回のような機会が大変ありがたいです 。

一番すごく根本的な中心部分にある、すごく強い情熱

【小泉】このインタビューも終わりに近づいていますが、宇佐見さんから他に何かありますか?

【宇佐見博志】一番すごく根本的な中心部分にすごく強い情熱があるんですよね。真ん中にこうグワーっと回ってくるような。

いろいろ話した中にある、一番真ん中にある核のようなものが何か伝え残していることがあるんじゃないかっていう感覚が出てきて、何だろうと思いながら自分の中を見ていて。

痛みの奥にある願いがあるんですよね。

アクティブ・ホープの感覚に近いなと思うんだけれども。

本当は社会がこうあって欲しいんだっていうそのことに対しての願いかな。

それが一番ベースに貫いてるような気がしますね。

アクティブ・ホープのインテンシブ

ジョアンナ・メイシーのアクティブ・ホープのインテンシブに去年の6月、7月に行ってきましたけれど。

福島が放射能でっていうのに対する痛みだとか、海がどんどん汚れていくような、珊瑚礁が無くなっていくようなことに対する痛みとか、日本の山が本当に荒れていたりとか、そこに洗われている水とか、ブナ林があって初めて水が出てくるんだけどもそういう場所がどんどんいろいろな理由で少なくなっていくようなことに対するような痛みだとか、いろいろな痛みがあるんですね。

そういう痛みに対して、だから社会をこう変えていきたいんだ、本当はこう在って欲しいんだっていうことが、チェンドリの目的に一言で言うと表現されるんだけれど、すごくいろいろな感覚を持って、そういうふうに変えていきたいんだいう思いを持っているなーって思いました。それが一つ。

いま本当に変わるタイミングだ

【宇佐見博志】で、もう一つは、いま本当にそれが変わるタイミングだということをすごく思っているんですけれども、ワシとコンドルの予言みたいなものがありますけれども、それと同じくらいに大事に思っているのが「ガイアの法則」っていう千賀一生さんの本があって、1995年から世界の文明の中心が日本に来るっていうのがあるんです。

これからが一元性とかが大切にされるような文明が日本に起こってくるっていう、どんな文明が花開くかを決めるのが今日本に住んでいる私たちが決めるんだっていうような「ガイアの法則」っていう本があるんです。

そこに対しての責任感とか、そこに生かされていることの喜びみたいなものがあって、そういうのも大きな炎の一つになっているなって。

で、そういうガイアの法則があって「わの舞」があるんです。

「わの舞」というのを踊っているんですけど、それも大事にしています。

もう一つはマヤから来るんだけど、2012年の年末で非常に大きな5125年の周期が閉じて次の新しい5125年の周期が始まったばっかりで、5125年の周期が変わるということは次のレベルに上がっているんですね。

次元が変わって新しい周期に入っているんですね。

その周期が変わってまだ4年しか経っていないんだけども、まさに全く変わる変わった流れに入ろうとしているから、マヤ暦の情報も後押ししてるなーって思いました。

自分の揺るぎない信念とかを。

そういったものがミックスされて何か熱いものが体の中にあるなーっていうのがありますね。

(インタビュー日:2017年10月19日)

編集後記
優しく柔らかく、心地よい声とリズムで語ってくれる宇佐見博志さん。自然や宇宙とのつながり、そのリズムを私たちに届けてくれています。

いろいろな人や物事とつながり、それを活かして歩まれているのは、その誠実なお人柄の賜物なんでしょう。

世界にある痛みと向き合い、その上であるべき姿を探究している宇佐見博志さんが起こすグレート・ターニングを楽しみにしながら、その活動を応援していきたいですね。

ありがとうございました!

※ 関連記事

※ 宇佐見博志さんオススメの本:

※ 参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です